加藤幹保オフィシャルサイト

Trans-border:LGBTに悩む方のライフサポート

これから治療を考えているFTMの為に歩き方マップ〜生命保険編〜

こんにちは、加藤です。

「これから治療を考えているFTMの為の歩き方マップ」をご紹介していきます。

僕が知っている知識や実際に経験してきて感じたことなど全てをここに書いていこうと思います。

少しでも参考になれば嬉しいです。

今回は、カウンセリングを始める前の準備として、「生命保険・医療保険」についてご紹介します。

最新情報が入りましたので、更新します!

性同一性障害は生命保険・医療保険に入れない?

先に結論から言うと、性同一性障害でも生命保険や医療保険に入れます

しかし、性同一性障害と一度診断を受け治療を開始してしまうと、生命保険に入るのは非常に難しくなってしまいます

理由は単純で、健康ではないとみなされるからです(泣)

ホルモン注射は投薬になるし、オペは何のオペでもリスクが高いので、治療すると分かっている人を加入させる訳にはいかん!ってことです。

申告項目が少ない保険も出てきているようです!!(後日こちらの専門家にお話し聞いた内容アップします)

ま、でも診断前に入った方が健全なことは変わりないですが。

どうせ入るなら、若いうちに入った方が保険料安いし、女性時代に加入していれば、戸籍変更後も女性の保険料のままです。

さらに、診断前に(医療保険でもOK)加入していれば、性別適合手術のかかる費用も保険給付の対象となるので入らない手はない!!

僕は完全に順番を誤ったので、相談した保険屋全てに断られてしまい、一旦保険は諦めました・・・

今は生命保険以外の方法で資産形成・運用を準備しています。

診断後の生命保険・医療保険加入

診断前に加入しておくのがベストなのは変わりませんが、診断後でも加入できる保険はあります

持病があっても入りやすい緩和型の医療保険なら、僕のように完全にやらかしてしまった人でも加入できるところがあります。

さらに、緩和型でなくても標準型で入れる保険もあるとのことです。(こちら専門家に聞いた内容を後日アップします)

もちろん、一人一人状況が異なるので100%ではありませんが、検討される際は参考にしてみてください!

まとめ

今回は、治療前の準備編として「生命保険と医療保険」について簡単にご紹介しました。

治療開始前は早く治療したい!という一心で、なかなか先の事まで考えられないと思いますが、

本来の自分を取り戻した後の豊かな生活の為にも、情報収集をしてリスクを減らしていただければと思います。

個別にご連絡いただければ、実際に聞いた内容(GID保険)や
マジで金持ちにしか出回っていない資産形成・資産運用に関する情報も特別にお伝えします。

僕は金持ちじゃないんですが、人脈には自信あるので情報だけはやばいですw
例えば、20〜30代の方なら月数万円積み立てるだけで、40〜50代で月50万くらい何もしないで入ってくるシステム作りだったり・・・

お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

Comment

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest